食のライフスタイル・日本の麺食編

麺好き民族で思い出されるのが、イタリアのパスタ文化で麺料理の種類が多い事でも有名でしょう。パスタとは小麦で作られた面の事を指しており、スパゲッティーはロングパスタの仲間で、ショートパスタはマカロニやペンネなどの事を指しています。イタリア麺の特徴としては、ソースが絡まりやすく麺にねじれなどの細工が施しているのが特徴で、和麺はラーメンを除き全てがストレート麵です。日本人は麺好きな民族で、ラーメンなど始めとする麺類を日常的に食べていますが、夏場には冷や麦や素麺、鍋料理にはうどんやちゃんぽん麺などを入れて楽しんでいます。日本人の特徴としては、器をもって箸ですするという食べ方で、海外ではテーブルから器を上げる事は、マナー違反とされる事が多いのですが、逆に日本では、基本的に器を手に取る事はマナー違反とならず、ご飯や汁物は手に取って食べなければ逆にマナー違反とされます。またすすって音を出すのも日本特有のもので、実際そばをすすって食べると、香りが良く分かる事が実験でも証明されています。