食の無形文化遺産・地中海料理のすべて

ユネスコに登録されている食の無形文化遺産には、国としてではなく地域を指定しているものがあり、それが地中海料理というものになります。この地中海料理というものは、この地中海付近の各国で、スペインやイタリアを始め、ギリシアやモロッコなどの国々が、この地中海料理と呼ばれているものなのです。ヨーロッパ文化を語る上でも、非常重要な位置づけである地中海は、様々な文明が生まれそして滅びていった歴史と戦争の地域でもあるのです。料理が発達する条件として、欠かす事の出来ないものが国家の富みで、国が豊かになる事で様々な文化が発展し、食の文化も発達して行きました。地中海諸国でスペイン、イタリア、ギリシアはそれぞれ一大文明を築いていましたが、その中でモロッコはこうした国々の影響を強く受けてきますが、その中でも独自性のあるモロッコ料理が作られて行きました。日本ではあまりなじみがあるとは言えないモロッコ料理ですが、クスクスやタジン鍋などはご存知でしょう。