食と睡眠の関係・運動の重要性を知る

食と睡眠の関係を語る上で、欠かす事の出来ないものが運動であり、適度な運動は健康を維持して行く上でも、欠かす事の出来ない役割を担っているものです。一般的な睡眠は、7時間から8時間ほどとされていますが、スポーツ選手であるアスリートたちは、睡眠を非常に大事なものと考えており、睡眠をしっかりと摂る事で記録も伸びていくという報告もなされており、合宿中には10時間から12時間の睡眠をとるという方法も行われてています。睡眠中に起こる体の変化には、様々なものがあり、その注目すべき点は睡眠が一定の深さになると、成長ホルモンや成長皮質ホルモン、そして性腺刺激ホルモンと甲状腺刺激ホルモンなどの分泌が盛んになることがわかっていますます。そして、筋肉が弛緩する事によって、筋肉組織から疲労物質が取り払われますが、レム睡眠時はノンレム睡眠時よりもさらに緊張がとかれ、筋肉の疲労が最もとれる状態となるのです。同時にバランスのいい食事を心がける事で、リラックスでき効率のいい睡眠もとれるのです。